すっぴんも逆にスキンを痛めつける

お肌が荒れている時や疲れているところ、皮膚によって昼間もわざわざ「すっぴん」で過ごされて要る方も多いのではないでしょうか。皮膚によってしていた「すっぴん」での生活も、実は逆効果なことがあるのです。
単に昼間、すっぴんでの旅行は皮膚に悪影響を与えてしまう。すっぴんで外出することによって、UVの作用を直接的皮膚に受け取ることになります。UVには、メラニンの発展を促してしみなどをでき易くやる他にも、皮膚の乾きやシワなどの老化を促進する働きがあります。外出しなくても、屋内にいても実はUVの作用をうけます。お天道様の光線と共に、窓ガラスを通してUVを浴びてしまう。また、大気中頃の不潔やほこりも皮膚には悪影響を及ぼします。毛孔の停滞や不潔の原因にもり、面皰や肌荒れを招いてしまう可能性もあります。
皮膚に何もつけない方が良いと思われがちですが、実はコスメなどで様々な外から皮膚を守っていたのです。仮に、なんとなくメイクができなかったり、すっぴんで過ごさなければならない場合にはUVスキームとして、できるだけ日焼け止めを塗ったり、十分な保湿を心がけることによって、乾きや皮膚への気掛かりを防ぐことが相当大切です。続きを読む