不妊治療に必要な養分

多嚢胞性卵巣(たのうほうせいらんみたい)というツイートをご存知でしょうか。
淑女の卵巣には、もともと卵胞に包まれたたくさんの卵細胞があります。通常は、月に1つずつの卵胞が成熟して排卵が起こるのですが、卵胞がある程度は成熟やるものの排卵までに至らず、卵巣の壁紙に卵胞が残って分厚くなってしまっている場合があります。この症状が多嚢胞性卵巣です。

多嚢胞性卵巣では、卵巣を覆う肌が太く硬くなる結果、卵子が排卵されにくくなる。特にメンス崩れや淑女ホルモン数の異常がある状態、不妊症の大きな原因である多嚢胞性卵巣症候群と来院なることもあります。

多嚢胞性卵巣の原因はまだはっきりとは追及されていませんが、淑女ホルモンなどの内分泌崩れ、デブや糖新陳代謝の崩れ、血行不良、遺伝などが要因ではないかと考えられています。そのため防止や方策としては、血行を良くして排泄を促す栄養バランスのよい料理、健康をあたためるための適度な動きや入浴、ダメージを減らして自律怒りを高めるなど、普段の生活習慣を見直してみましょう。こちらをクリック